プログラムで学ぶディジタルオーディオ

現在位置のナビ

トップコンピュータの国雑記帳オーディオ譚 → プログラムで学ぶディジタルオーディオ

説明

オーディオの世界でも、 ディジタル方式で動作するものが増えて来ました。 ところが、それらの動作を正確に解説した書籍を見たことがありません。 抽象的、定性的、観念的な説明は、オーディオ雑誌でも良く見かけますが、 それらの解説は動作原理を理解できるものではありません。 そこで、具体的なプログラムを用いてデータを操作し、 ディジタルオーディオの動作原理を解説することにしました。

私もディジタルオーディオについては素人同然なので、 記述に間違いを発見した場合指摘していただけると助かります。

リンク

リンク 説明 更新日時
第1話 PCM の動作原理 CDやDATなどディジタル記録に使われる PCM の動作原理です 2004年7月13日
第2話 PCM の限界 PCM で表現できない信号など 2004年7月13日
第3話 D級増幅 ディジタルアンプの動作原理 2004年7月14日
第4話 ΔΣ変調 ΔΣ変調の動作原理 2004年8月22日


back button オーディオ譚へ