Linux ビデオ録画計画

現在位置のナビ

トップコンピュータの国雑記帳 → Linux ビデオ録画計画

説明

ここでは、 自宅の Linux マシンで地上波TVの録画を行う方法を書きます。 2003年7月現在、プロジェクトに着手した直後で、まだ完成していません。 今後も更新が続く予定です。

私自身も、パソコンで画像を扱い始めて日が浅いものですから、 初歩的なミスや勘違いをしているかもしれません。 そのような記述を発見したときは、ご指摘ください。

機器構成

CPUAthlon 1600+
メモリDDR 2100 512MB
OS Vine Linux 2.6 と Windows Me のデュアルブート
グラフィックカード Geforce4 MX
キャプチャーカード 玄人指向 BT878A-STVPCI2

ハードウェアに関する感想

簡単に表現すれば、 TV信号の入口が貧弱なので 20年前のVTRにもかないません。

まず、チューナー部分が弱いです。 カード付属のチューナーを使用するよりも、 家庭用VTRのビデオ出力をカードのビデオ入力につないだ方が きれいな画になります。

さらに、ビデオ信号のディジタル化で質が劣化します。 走査線毎に明暗が変化して、画面に細い縞模様が出て上下に走ります。 輝度信号の水平解像度も低いです。 暗部にはノイズがのります。 20年前の VHS と比較しても、画面がピンぼけになったような印象を受けます。

もっと新しくて高級なキャプチャーカードを 使用したいところなのですが、 Linux からアクセスできなくては仕方がありません。 また、今回の計画は試験的な意味合いが強く、 成功したらグレードアップするかもしれないので、 とりあえずこのハードで進めます。 いずれにしろ、手持ちのマシンに数千円のカードを追加するだけで、 録画機能が使えるのはありがたいです。

理想を言えば、USB 接続の MPEG2 ハードウェアエンコード装置を つなぎたいです。 どこかのメーカーがプロトコルを公開してくれないかな。 私に暇と金と作業場と USB プロトコルアナライザがあれば、 自分で解析するところなんですが。

自宅のネットワークに録画装置をつなぎたい方へ

はっきり言って、VTR の代わりになる装置を求めているなら、 家電メーカーやパソコン周辺機器メーカーが作成している HDD レコーダーを 購入した方が早くて簡単です。 私がこのような計画を立てたのは、以下の理由からです。

  • 技術的興味
  • HDD レコーダーが逆立ちしてもできないような機能を 付けたかった
  • 金がない(これが一番重要だったりして)

2003年7月7日 記

続き

Linux の設定と使用記

Windows の設定と使用記


back button 雑記帳へ