スニークマン・ショー

現在位置のナビ

トップコンピュータの国雑記帳オーディオ譚 → スニークマン・ショー

説明

まぎれもなく、パロディネタです。 元ネタのスネークマン・ショーを知らない人には、意味不明でしょう。

誇張アンソニー P-1

SE
電話のベル音
男1
「もしもーし」
男2
「あのさ、今日そっちいけなくなっちゃったよ。」
男1
「アンソニー?アンソニーだろ。」
男2
「アンソニーってだれだ。セガールだセガール。」
男1
「アンソニー」
男2
「あのな、いっぺんしか言わないからよく聴け。 この音源誇張されているんだ誇張!」

以下略

誇張アンソニー P-2

男1と男2
「もしもし」
男2
「よく聞け。 この音源誇張されているんだよ。」
男1
「あのね、森高と酒井はコンプレッションされているんだって。」
男2
「何言ってんだよ。 お前ら全員ヤバいんだぞ。」
男1
「原田と荻野目は打ち込みだって。 小泉は最新のMIDI音源持ってきたよ。」

以下略

はい、菊池です

「いいか。 オーディオ雑誌の読者は、記事なんて読んでいないんだ。 必要なのは広告だよ、広告!わかったら、広告取ってこい。」
弱気な外国人
「yes」
SE
電話のベル音
「はい、ハイレゾオーディオ専門ムック編集部の菊池です」 「ああ、ソニーさん。表紙裏と裏表紙に全面カラーですか。 毎度ありがとうございます。」
SE
電話のベル音
「はい、ハイレゾオーディオ専門ムック編集部の菊池です」 「ああ、オンキョーさん。目次前にカラー見開き2ページですか。 毎度ありがとうございます。」
SE
電話のベル音
「ああ、ハイレゾオーディオ専門ムック編集部の菊池だが」 「おお、ティアックさん。巻末にモノクロ4ページですか。 毎度ありがとうございます。」
SE
電話のベル音
「うむ、ハイレゾオーディオ専門ムック編集部の菊池だ」 「おお、これはビクターさん。記事風にカラーで2ページですか。 毎度ありがとうございます。」

以下略

誇張アンソニー P-3

男1
「もしもし僕だよ。 そっち行けなくなっちゃてさ。」
ホワイトノイズ
「ザー」
男1
「バカ、バカ、バカ」
ホワイトノイズ
「ザー、ザー、ザー」

以下略

STOP THE HI-RES

工事中 (過激になりすぎたので、掲載思案中)

急いで耳で聴け

「もしも洋楽ハイレゾ音源を購入したときは、素早くパッケージを開き、急いで耳で聴け」
「もしJ-POPハイレゾ音源を購入したときは、素早くパッケージを開き、急いで耳で聴け」
「もしJ-ROCKハイレゾ音源を購入したときは、素早くパッケージを開き、急いで耳で聴け」
「もしクラシックハイレゾ音源を購入したときは、素早くパッケージを開き、急いで耳で聴け」
「もしジャズハイレゾ音源を購入したときは、素早くパッケージを開き、急いで耳で聴け」
「もしド演歌ハイレゾ音源を購入したときは、素早くパッケージを開き、急いで耳で聴け」
「もし民謡ハイレゾ音源を購入したときは、素早くパッケージを開き、急いで耳で聴け」

以下略

難聴に気をつけろ

男1
「おい、カメ。難聴に気をつけて音聴きな。」
男2
「わかりました。親方。」
男1 大きな声で
「おいっ、カメっ。難聴にぃ気をつけてぇ音聴きなぁ。」
男2 大きな声で
「わかりましたぁ。親方ぁ。」
男1 怒鳴る
「おぉいっ、カーメー。ナ・ン・チョ・ウ・にきぃつけてオ・ト・キ・キ・ナ」
男2 怒鳴る
「ワ・カ・リ・マ・シ・タ!オ・ヤ・カ・タ!」

以下略

これなんですか

「ごめんください。」
店員
「いらっしゃいませ。 オーディオをご所望ですか。」
「急にジャズが聴きたくなって。」
店員
「それならば、オールインワン、ミニコンポ、高級オーディオなどございますが、どれも似たような出音です。」
「これなんですか?」
店員
「ハイレゾプレーヤーです。 お使いになりますか?」
「まさか。ハハハ」

以下略

理論と実装の人

雀の鳴き声
「チュン、チュン」
拡声器の声1
「おくつろぎのところ、失礼します。 Webmasterです。 理論と実装にもとづき、電流駆動アンプをお勧めしております。 物理学から考えて、スピーカーは電流駆動すべきです。」
拡声器の声2
「そのとおりでございます。」
拡声器の声1
「ご声援ありがとうございます。」
拡声器の声2
「電流駆動アンプに必要なものは何か? ハイレゾ音源でございます。 いらなくなったLPレコードCDに代わりまして、ハイレゾ音源をお届けしております。」

以下略

掲載日

2019年4月29日 初出


back button オーディオ譚