松戸警察へ提出した報告書

現在位置のナビ

トップ悪い奴ら → 松戸警察へ提出した報告書

要旨

2017年3月26日19:00のNHK総合チャンネルのニュース報道で、「松戸市に住む小学生が遺体で発見された」と伝えていました。 まだ9歳の小学生が理不尽に殺された状況に不条理を感じます。 謹んで被害者のご冥福をお祈りします。

同時に、webmaster自宅(松戸市)に正体不明の侵入者が頻繁に立ち入っていて警察が捜査を拒否している現状では、侵入者が置土産をすることで自分が容易に冤罪事件の被害者となりうることに気づきました。 自分の身を守るために、松戸警察と海外のジャーナリストにしか見せていなかった報告書をここに公開します。

報告書について

松戸警察に届けた報告書と写真 ZIPファイル102MB 松戸警察に届けた報告書と写真追加 ZIPファイル124MB

口頭で説明しながら渡している報告書なので、PDFを読むだけでは不十分かもしれません。 また警察官の勧めがあったので、客観的証拠がない事柄であっても不審に思えることは積極的に報告しています。

千葉県警の嘘について

NHKの報道の中に、「女児が行方不明になった後松戸市から行方不明を知らせるメールが出た」という内容がありましたが、嘘です。 Webmasterは、近所に住む善意の第三者が悪意あるつきまといに利用される可能性に備えて、松戸市の不審者情報をメールで受け取る登録をしてあります。 24、25日は不審者情報も小学生の行方不明情報も来ていません。 届いたのは、行方不明になったお年寄りの情報と、その後無事発見された報告、ほぼ毎日13時に届く定期情報だけです。 千葉県警がなぜ嘘をつくのかはわかりませんが、他にもいろいろ隠していることはありそうです。

2017年3月27日追記

26日21:25に、「行方不明女児が発見された」というメールが届いていました。 しかし、「小学生が行方不明になった」という第一報がいまだに届いていません。

千葉県警がチョンボをしたのではなくて、発信されたメールを誰かが途中で止めた可能性も考えられます。

松戸市の防犯メール登録手続きを行ったドメインはsugumail.comで、松戸市からのメールが発信されるのはsg-m.jpドメインです。 Webmasterが受信に使用しているのは、docomo.ne.jpのメールサーバーです。

事件発生当日の自宅パソコンのログ

事件発生当日に自分が何をしていたか思い出すため、 2017年3月24日のメインマシンのログを確認してみました。

nakata   tty7         :0               Fri Mar 24 19:10 - down   (00:28)
reboot   system boot  4.4.0-66-generic Fri Mar 24 19:10 - 19:38  (00:28)
nakata   tty7         :0               Fri Mar 24 18:25 - crash  (00:44)
reboot   system boot  4.4.0-66-generic Fri Mar 24 18:24 - 19:38  (01:14)
reboot   system boot  4.4.0-66-generic Fri Mar 24 18:17 - 18:17  (00:00)
nakata   tty7         :0               Fri Mar 24 17:00 - crash  (01:17)
reboot   system boot  4.4.0-66-generic Fri Mar 24 17:00 - 18:17  (01:17)
nakata   tty7         :0               Fri Mar 24 13:31 - crash  (03:28)
reboot   system boot  4.4.0-66-generic Fri Mar 24 13:31 - 18:17  (04:46)
nakata   tty7         :0               Fri Mar 24 07:38 - crash  (05:53)
reboot   system boot  4.4.0-66-generic Fri Mar 24 07:38 - 18:17  (10:39)

変ですね。 侵入者による置土産は、すでに自宅のどこかにあるのかもしれません。

ついでに、最近作業をしているサーバーのログも見てみました。

nakata   pts/0        192.168.11.3     Mon Mar 27 09:01   still logged in
nakata   pts/0        192.168.11.3     Sun Mar 26 18:11 - 20:07  (01:56)
nakata   pts/0        192.168.11.3     Sun Mar 26 17:08 - 17:19  (00:10)
nakata   pts/0        192.168.11.3     Sun Mar 26 16:11 - 17:08  (00:57)
nakata   pts/0        192.168.11.3     Sun Mar 26 07:37 - 09:34  (01:56)
nakata   pts/0        192.168.11.3     Sat Mar 25 17:39 - 23:17  (05:37)
reboot   system boot  4.4.0-66-generic Sat Mar 25 17:24   still running
nakata   pts/0        192.168.11.3     Sat Mar 25 16:01 - 17:23  (01:22)
nakata   pts/0        192.168.11.3     Sat Mar 25 08:54 - 09:53  (00:59)
reboot   system boot  4.4.0-66-generic Mon Mar 20 21:49   still running
nakata   pts/0        192.168.11.3     Mon Mar 20 19:28 - 21:48  (02:19)
nakata   pts/0        192.168.11.3     Mon Mar 20 08:54 - 10:32  (01:37)
reboot   system boot  4.4.0-66-generic Mon Mar 20 08:50 - 21:48  (12:58)
nakata   pts/0        192.168.11.3     Mon Mar 20 08:38 - 08:49  (00:11)

昨日は24日のログイン記録があったのに、今朝見たら消えています。 残っている記録も変ですね。

2017年4月7日追記 Webmaster以外にも困っている人が大勢いました

昨日(4/6)の散歩中に、小学生が遊んでいる公園の脇に不審車が停まっているのを発見しました。 ワンボックスの後部窓ガラスが、違法な濃度のスモークガラスです。 おそらく、後部から盗撮していたのでしょう。 松戸警察に報告しておきました。

似たような車両は、あちこちで見かけます。 2016年10月28日に大分県で見かけた盗撮車両の写真です。

一見すると、TV番組の撮影スタッフに見えますが、本物の下請けプロダクションならば営業車に会社名をデカデカと書きます。 会社名を書いていないのは、知られたくないからですね。 この時も、気づかれないように物陰からwebmasterを撮影していました。

Webmasterの実家近くでも同様の車両を見かけます。 近所に小学校、中学校、高等学校が密集している地域なので、おそらく子供の盗撮目的だと思います。 見かけるたびに、ネットから警視庁にナンバーを報告することにしています。

話を戻して、松戸警察に届け出た時、交番に行列ができていました。 自分の順番が来る前に聞こえてきた相談内容を総合すると、小学生殺害事件で松戸警察が忙しくしているのをいいことに、小悪党があちこちで暗躍しているようです。

2017年4月18日追記 小学生殺害事件の容疑者逮捕をうけて

4月14日の報道で、小学生殺害事件の容疑者が逮捕されたと知りました。 少ない証拠を辿って、事件発生から3週間で容疑者逮捕に至ったことになります。 まずは、千葉県警の努力を讃えたいと思います。

厳密には裁判で有罪判決が出ない限り、『犯人』と決めつけてはいけないわけですが、容疑者逮捕によりwebmasterが冤罪事件に巻き込まれる恐れはだいぶ減っています。 それでも、ここでの情報開示は続けます。

『実は悪いことをしていないのに、たまたまwebmasterのつきまといのそばにいたために悪人扱いされている』無実の人がいるかもしれません。 情報開示を続けることにより、無実の人が損失を受ける可能性も否定できません。

かといってここで情報公開をやめてしまうと、webmasterが公開していた情報に悪意の改竄を加えて、webmasterの失点であるかのように言いふらす連中が出てきます。 実際、某インターネットプロバイダのニュースコメント欄で、そのようななりすましを経験しています。 悪意の改竄を避けるために、公開は続けますし、情報の追加もありえます。

無実の人の救済措置として、まっとうな反論がwebmasterのところに届いたら、ここに引用することにします。 ここで言う『まっとう』とは、以下の条件の組み合わせからwebmasterが判断します。

  • 差出人の連絡先が明記されていて問い合わせ可能である
  • 客観的に確認可能な事実を根拠にしている
  • 客観的に確認可能な事実と正しい理屈の積み重ねを根拠にしている

最後に、日本の警察組織への要望があります。 ストーカーやつきまとい事件で、被害者が死亡するまで捜査開始しないのは、社会的に大きな損失ではないでしょうか。 防犯は犯罪者の処罰よりも重要だと、学校で習ったことありませんか? まあ、スウェーデンで『監視カメラ』と呼んでいるものを国内で『防犯カメラ』と呼び変えてしまうような論点のすり替えを得意とする国民性では、望めないのかもしれませんが。

2017年3月26日 初出

2017年4月18日 追記


back button 悪い奴らへ