松戸警察の主張

現在位置のナビ

トップ悪い奴ら → 松戸警察の主張

要旨

Webmasterは、過去数十件の被害を警察(神奈川県警、警視庁、千葉県警)に届けていますが、その一部しか立件してもらっていません。 それでいて、近頃の警察官は勤務態度がおかしいので、過去に体験した問題をここに書きます。

2017年3月上旬現在、松戸市税務署近辺の道路が自動車で渋滞しているため、監視(交通整理ではない)の警察官が歩道に複数立っています。 この警察官の勤務態度に非常に問題があります。 近くを歩行者が通ると舌打ちしたり、通りかかる歩行者を睨みつけていたりします。 交通整理をする様子は、全くありません。 何をするつもりで立っているのでしょうか。

Webmaster自宅に留守中侵入者がいる疑いについて

過去何年も松戸警察に訴えてきたのですが、留守中のwebmaster宅に侵入者がいる疑いがあります。 根拠は、近日中にまとめます。 何度も訴えたのですが、松戸警察の主張は『webmaster宅の玄関に付いている鍵は絶対に開けられない鍵だ」の一点張りです。

一度、管理会社に断って鍵交換した時の鍵パッケージをスキャンしてここに公開します。

鍵の製造元が「10分を超えるとピッキングには耐えられないかもしれない」と主張しているのに、松戸警察は「絶対に開けられない」としか言いません。 松戸警察の複数の警察官が鍵について勉強不足とは考えにくいので、何か鍵メーカーもwebmasterも知らない事実を把握しているのではないかと予想しています。 彼らが何を把握していて、なぜ隠しているのかは全くわかりません。 隠している事実が、正しい方向に働いていれば良いのですが。

2017年2月28日の小根本交番での会話

税務署に青色申告、確定申告した際に、役所から以前受け取っていたはずのマイナンバー書類が見つからずに小根本交番に届けたときの会話を書きます。

webmaster
「役所から届いたマイナンバー関係の書類が、定位置からなくなっています。盗難の恐れがあり、『再発行には警察の書類が必要だ』と役所に言われたので書類を発行してください。」
警察官
「盗難だという証拠はありますか。自宅の別の場所にあるのではないですか?」
webmaster
「以前から何度も届け出ているように、留守中の自宅に侵入者が入っている気配があります。」
警察官
「他になくなったものはありますか?」
webmaster
「交換前の鍵のスペアキー、関数電卓、Windows7のインストールDVDなどがなくなりました。」
警察官
「あとから出てきたのではないですか?」
webmaster
「スペアキーは玄関の鍵を交換して不要になった頃、定位置から5m離れたデスクの引き出しにある日忽然と現れました。 関数電卓は、全く同じ所に同じ傷のついている電卓を、自宅から6km離れた場所の古道具屋で買いました。 Windows7のインストールDVDは未だに出てきていません。」
警察官
「現金や通帳、印鑑がなくなったことはありますか?」
webmaster
「テーブルの上に意図的に数万円を数カ月間出しっぱなしにしたことがありますが、手を付けられたことはありません。」
警察官
「貴重品がなくなっていないのならば、侵入者がいたはずがありません。」
webmaster
「自宅のユニットバスに漏電が仕掛けられていてもですか?」
警察官
「侵入者がいたとは言えないでしょう。」
webmaster
「遺留品もありましたけど」
警察官
「大金や高価な家電が盗まれたのでない限り、捜査はしません。」

この手の話し方をする人は、最初から結論を決めていて相手を根気負けさせるために、次々とハードルを出してきます。 向こうが用意したハードルを全部クリアしても、以前の議論を蒸し返します。

一見すると無意味な議論のようですが、重要な点があります。 警察官の最後の発言は、『千葉県警は高額品の盗難事件を捜査対象とするが、住居侵入罪と意図的漏電による傷害(感電)は捜査対象でない。』と主張しています。 勤務中の警察官が派出所の中で発言した内容なので、「そんなことは言っていない」と後からごまかすことは無いだろうと予想します。 Webmasterが以前から主張しているように「書類上の犯罪統計は減っているかもしれないが、単純に立件数を減らしているだけ」であることを、警察官自身も認めたわけです。

2017年3月11日の状況報告

ここの記述を一番熱心に読んでいるのは、職業つきまといのみなさんのようで、「警察が漏電や家宅侵入を捜査する気がない」と書いた途端に大ハッスルしています。 もしも、先の文章が『釣り』で、トラップが仕掛けてあったら大漁だったことでしょう。 そんな面倒くさいことは用意していません。 多分用意していないと思う。 用意していないんじゃないかな。 まちょっと覚悟はしておけ。 みたいな。

2017年3月10日 初出

2017年3月11日 初出


back button 悪い奴らへ