戸締まりのススメ

現在位置のナビ

トップ悪い奴ら → 戸締まりのススメ

要旨

就寝時に戸締まりを厳重にすると、何故か霊験あらたかという話です。

因果律について

世の中には、原因と結果の関係になるものがあります。

手が滑って包丁の刃が指にあたれば、怪我をします。 夜ふかしは朝寝坊の原因になりますし、朝寝坊は遅刻の原因になります。 中には、風が吹いたら桶屋が儲かるような、原因と結果の間に何段階もプロセスを挟むものもあります。

逆に、原因と結果の関係がわからないものもあります。

昭和の漫画雑誌を読んだ人ならば、これから説明する広告を見た覚えがあるでしょう。 少女漫画雑誌には、ペン習字を習ったらモテモテになるエピソードが載っていましたし、少年漫画雑誌には、『ひ弱な坊や』と呼ばれた少年が筋肉トレーニングのエクササイズマシンを買って、モテモテになる話が載っていました。 どちらもwebmasterには実感がわかず、そんな効能が体験できるのか半信半疑でした。

ここに書く話も、原因と結果の関係が証明できないけど、確実に成果の出た話です。

夜間 就寝時に鍵を厳重にすると、健康的になれる

写真に、夜間の鍵と警報機を示します。 準備したトラップの一部です。

この仕掛けを用意してから、安眠が保証されるようになりました。 『安眠が保証』というよりも、『仕掛けを用意するまでオカルトのような現象が起きていた』と表現したほうが正確です。

仕掛けを用意することで防げた現象を列挙します。

悪夢
毎晩のように、息ができない悪夢を見ていました。 胸の筋肉を精一杯動かしても、鼻、口から空気が入ってこなくて苦しいという夢です。
ゴキブリとノミ
毎朝起床すると、寝室にゴキブリとノミの糞が大量に落ちていたのですが、なくなりました。
真冬の防寒
2月ころには、毎朝5時頃寒さで目覚めました。 スェットの上下をパジャマ代わりにして、その上に登山用のフリース(分厚いもの)を着込んでいても5時頃寒さでおきました。
腕の出血
毎朝起床時に確認すると、腕のどこかに1〜2箇所の出血がありました。 大きさがまちまちで、長袖パジャマでも肘の近くに出血していたことがあったので、ノミではないと思います。
万年疲労感
起床時から疲労感が取れなかったのですが、解決しました。
目覚まし設定時間の1時間以上前に起床
常駐作業をしているときは、毎朝7時に目覚ましをセットしていたのですが、なぜか6時前に起きていました。 おかげで毎日寝不足でした。
おきた時に家の中の明かりがついている
就寝前に消したはずの明かりがついていることがよくありました。
不安定な体調
風邪をひいたり、消化器の調子が悪くなることは日常茶飯事でした。

悪夢と夢遊病を疑って、2012年4月16日に睡眠クリニックで一泊してみました。 その日は熟睡感があって、測定結果も「いたって健康」ということでした。 前日も翌日も、自宅で悪夢を見ていましたけど。

結論

以上より、因果関係は全く不明ですが、就寝時の戸締まり強化でいろいろな改善がありました。 原因不明で睡眠の問題を抱えている人は、一度試してみてください。

2017年5月24日 初出


back button 悪い奴らへ