田園調布警察署の不祥事

現在位置のナビ

トップ → 悪い奴ら

説明

Webmasterは、田園調布警察署のチンピラ警察官に罵倒されました。 お返しに田園調布警察署の不祥事を暴露します。 中には未確認情報もありますが、妄想で他人を断罪してよいという前例を田園調布警察署が示してくれたので、遠慮なく書きます。

拳銃自殺

田園調布警察署では、署内で自殺が相次いでいます。

Webmasterが新聞で読んだだけでも、3人の警察官がトイレで拳銃自殺しています。

中国人の逮捕ノルマ

都内の中国人から聞いた話です。 田園調布警察署管内では、凶悪犯罪も拳銃の摘発も多くありません。 上からのノルマが達成できていないので、別の分野で冤罪を作っているそうです。

窃盗や不審者情報で、容疑者を何ヶ月も逮捕できない時、手元の在日中国人リストから適当に見繕って、微罪(パスポートの不所持とか)で逮捕するそうです。 逮捕した後、未解決の窃盗などの事件を強制的に自白させるそうです。 犯人ではない証拠があると釈放してもらえますが、「捜査に努力している」という上へのアピールができるそうです。

押収品

空き巣に入られた人からの又聞きです。 空き巣捜査に来た警察官が、関係なさそうなノートパソコンとか液晶テレビを持っていくそうです。 半年経っても返してもらえないので警察署へ行くと、「そんなものは押収品リストに入っていません」と言われてウヤムヤにされるそうです。

警部の不倫

地元の情報通から聞いた話です。

2003年ころ田園調布警察署の妻子ある警部が、管内で一人暮らししている女子大生と不倫していたそうです。 不倫が上司にバレそうになったとき、女子大生は帰省途中にビルから飛び降りて亡くなってしまいました。 自殺として処理されたそうですが、動機も遺書も無いそうです。 遺族が警察にかけあっても門前払いだそうです。

警察は電磁波を扱わない件

田園調布警察署生活安全課イワサ氏から聞いた話です。

「警察は、電磁波みたいに目に見えないものは扱わない」そうです。 すると、スピード違反取締のレーダーも、使っていないことになります。 きっと、目測で数字を出しているか、レーダー波を見ることができるX-menが警察官の中にいるのでしょう。

サイバー犯罪取締課も仕事をしていないことになります。

イワサ氏の頭がおかしいと考えたほうが、辻褄はあいますけど。

剣道場でのイジメ

Webmasterの中学校時代のクラスメートから聞いた話です。

彼は、田園調布警察署の最上階にある剣道場で毎週末に剣道を教わっていたそうです。 そこで、「警察官による小学生へのイジメを見た」と言っていました。

運動神経の鈍い小学生が剣道を習いに来たら、集団でしごいたり、私物を隠したりしてイジメていたそうです。 「いい年をした警察官が集団で一人の小学生をイジメるのは、みていて吐きそうだった」と言っていました。

警察官が独善的に育つ理由

Yahooのトップにこんなリンクを見つけました。

一流の刑事が「あえて失敗から学ばない」理由

失敗はなかったことにして、成功体験からだけ学ぶそうです。 ろくな大人になりませんね。

警察官が気に食わない意見を「頭がおかしい」と決めつける理由

Yahooのトップにこんなリンクを見つけました。

道警ヤジ排除、与野党に波紋 「過剰な忖度」「やり過ぎ」自民からも

これを読んで、以前警察に保護された人の体験談を思い出しました。

日本国民には思想信条の自由があります。 他人に迷惑をかけなければ、皇居周辺で「天皇制反対」を主張するビラをばらまいても法律違反にはなりません。 でも、そんなことをすると警察に捕まります。 警察の言い分は「マルセイ(精神障害者を意味する隠語らしい)を保護した」ということになるそうです。 自分に都合の悪い主張を全部「頭がおかしい」と決めつける警察官は、ここから来ているのかも知れません。

2019年6月2日 初出

2019年7月19日 追記

back button 悪い奴らへ