WMMail 0.64 を APOP & IPv6 対応させるパッチ

説明

WMMail 0.64 に変更を加えて APOP & IPv6 でスプールを調べられるようにするパッチです。

2003年6月27日に、IPv6アプリコンテスト2003事務局の方から コンテスト参加のお誘いをいただいたので、出品しました。

詳細

WMMail は Window Maker という GUI 上で動作するメイルスプールチェッカーです。 この WMMail 0.64 で、 APOP を使ってリモートサーバーのスプールをチェックできるようにしました。 また、POP の接続に IPv6 を使用できるようになりました。 IPv6 は POP 接続専用でIMAP などでは使えませんし、 Linux 依存のコードかも知れません。

作者の chanb@eecg.utoronto.ca さんには、報告ずみです。

間違えて、 IPv6 接続に失敗する古い方のバージョンを公開していました。 ver.1.1 以降は、IPv6 でつながりますので、こちらをお使いください。

Server Busy の場合、今までは WMMail が終了していました。 ver.1.2 で、再接続を試みるように変更しました。

オリジナルの WMMail のソースコードの他に、 GNU の暗号関係のソースコードから md5 を扱うソースをコピーしてくる必要があります。

パッチの当て方

  1. WMMail 0.64 を入手して展開する。
  2. WMMail.0.64.apop.tgz を展開する。
  3. %cd WMMail.app-0.64/src
  4. %patch < PATCH
  5. %cd ..
  6. %./configure
  7. %make

APOP 設定ファイルの書き方

ほとんど POP3 と同じです。 ただ一点 Type の指定だけ apop と書いてください。

  Mailboxes = (
   {
      Name = "Mail Box";
      Type = apop;
      UpdateInterval = 60;
      Options = {
        Hostname = "popserver";
        Port = 110;
        Username = "myname";
        Password = "himitsu";
      };
    }
  );

パッチ

対応OSファイルサイズバージョン日付
unixCパッチ WMMail.0.64.apop.tgz2,623 Byte1.22003年8月8日


back button もどる