QRコード エンコーダー

現在位置のナビ

トップコンピュータの国フリーソフト → QRコード エンコーダー

説明

QR コードを作成するプログラムです。 swetake さんのサイト で公開されていた Java プログラムを C++ に移植しました。

ファイル内容

ファイル名内容
qrcode.hQrcode クラス定義
qrcode_data/*Qrcode クラスが必要とするデータ
main.cppQrcode クラスを利用するサンプル
Makefilemain.cpp をコンパイルする Makefile

このソースコードで重要なのは qrcode.h です。 qrcode.h は他のソフトに組み込んで使用するように作ってあります。 qrcode.h 単体では使えないので、サンプルとして main.cpp も添付します。

qrcode_data/* は、 Qrcode クラスを実行するときにアクセスするデータファイル群です。 Qrcode クラスを実行するときに、 カレントディレクトリを qrcode_data/ の上にするか、 setQrcodeDataPath() エントリで qrcode_data/ ディレクトリの場所を指定してください。

サンプルコマンドの使い方

make すると、qrencode コマンドができます。 この qrencode コマンドの使い方を解説します。

qrencode コマンドは、文字列データを入力にとり、 BMP イメージファイルを出力します。

% qrencode [オプション] データ文字列 出力先のBMPファイル名

オプション説明
-m 数字出力イメージのサイズを指定します。 数字は1以上の数字を指定し、 出力画像縦横のサイズが指定した数字倍になります。 QR コードを出力するときは、小さいイメージを一般のツールで拡大するよりも、 最初から大きなイメージを用意した方がトラブルが少ないです。 またイメージサイズを変換するとき、 アルゴリズムを選択できるならニアレストネイバーを選択しましょう。 このオプションを省略すると、-m 8 を指定した時と同じ出力になります。
-Lエラー訂正コードをLレベルにします。
-Mエラー訂正コードをMレベルにします。
-Qエラー訂正コードをQレベルにします。
-Hエラー訂正コードをHレベルにします。

QR コードの規格は、中に格納するデータの種類によって、 数字、英数字、漢字、8bit データなどのモード切替えができます。 qrencode プログラムは、 渡された文字列を調査し適当なモードでエンコードします。 全体を一つのモードとし、 複数の文字種が含まれるときでも、途中でモードを切替えたりはしません。

ライセンス

このプログラムのライセンスは、 オリジナルと同じにします。 著作権表示を改変してはいけませんが、それ以外の利用は自由です。 再配布、商用利用、改変、プロプライエタリプログラムへの組み込みも自由です。

プログラム

対応OSファイルサイズバージョン日付
-C++ ソース qrencode.tgz1,008,272 Byte0.12005年5月11日


back button もどる