書評

現在位置のナビ

トップ悪い奴ら → 書評

要旨

IT企業がほとんどブラック化してしまった話は、あちこちに書いてきました。 Webmasterが感じていることを、的確に表現している書籍もいくつか出版されているので、ここに紹介します。

橋本治 著 上司は思いつきでものを言う

散歩の途中でふらっと立ち寄ったBookOffの88円コーナーで見つけました。

book

2004年に出版された本ですが、日本人の特質を上手に説明しています。 理屈中心の本ですが、ユーモアをまじえた丁寧な解説文なので、一般の人でも読みやすいでしょう。 逆に、文章から理屈を抜き出すことを職業としているwebmasterにとっては、同じ説明が繰り返されてちょっとくどく感じました。 ときどき技術解説の記事を書く身分としては、この文体を参考にしたいです。 もっとも某編集部に提出できたとしても、「記事が長すぎる」とか判断されて無断で切り刻まれて、結論まで差し替えられたりするのですが。

筆者はサラリーマンの経験がないそうですが、中間管理職のありがちな思考を見事に説明しています。 社員の典型的思考パターンをなぞることで、日本の会社が非効率的である説明になっています。 Webmasterが常日頃主張していることと一致する内容もありましたし、漠然と感じていたことを見事に説明していた部分も、新たに気付かされたところもありました。

日本人の思考パターンを儒教にさかのぼって説明していたことや、無意識に全体主義に参加しているという指摘も、webmasterが日頃主張していること(WEBに書いたことではなくてプライベートの知人とトークする内容です)と一致します。 欲を言うと、儒教と農耕文化のコンビネーションがもたらす無意識の安定志向(昭和の「巨人、大鳳、卵焼き」の前2つはプロスポーツ界でいつものチームや選手が勝つことを期待していますよね)まで踏み込んで説明して欲しかったと思います。

あと、書かれたことがリーマンショック以前であること、IT業界のブラックさ加減を筆者がご存じないことが物足りないです。 企業経営者の自己中度合いは、2004年の比ではありません。 イマドキの経営者は、「今現在、自分自身の周りだけ良ければ、後は知らない」という態度をとります。 わかりやすい例が、次期アメリカ大統領のトランプ氏です。 アメリカファーストは、アメリカ大統領の主張として当たり前とも言えますが、目の前の短期的利益だけに着目して、長期的繁栄や、アメリカを中心とした経済圏まで考えが及んでいません。 一見して『アメリカから金が出て行っている』ように見える現象でも『まわりまわってアメリカに返ってくる』ということに気づいていないようですね。 「安物買いの銭失い」「情けは人の為ならず(本来の意味のほう)」なんですけど。

そのほかでは、国際社会での日本の立ち位置についても楽観的すぎると思います。 国際社会とは、価値観の異なる国が集まってエゴがぶつかり合っている場所です。 日本国内の常識を持ち込んだら負けます。 空気を読んだら大国の都合で押し切られます。 相互理解のためには、最初に自分の立ち位置を理屈で説明できなければなりません。 文化が異なるのだから共有できる価値観が少なくて、感情に訴える方法は通用しません。

2017年1月13日 初出

back button 悪い奴らへ